加えて一括資料請求サービスサイトの広告掲載会社の中には…。

「ライフルホームズ」や「タウンライフ家づくり」などのまとめて資料請求出来るサイトは、多種多様な住宅関連業者のセールス資料を一息に請求できるためIT文化の産物といった家づくりの最終兵器なのです。
これはまず例外なく、カタログをチェックすることなく家づくりをする人はいません。そう言い切れるほどカタログは家づくり計画には必要不可欠として認識されるものなのです。
資料送付してもらうためにも氏名入力や申込者の住所はどうしても必要ですが、営業用の電話番号やユーザー属性分析のため年収などの記入を求められるケースがあり、空欄のままでは資料請求をさせないケースもあります
加えて一括資料請求サービスサイトの広告掲載会社の中には、望む地域では建設工事不可能な住宅ブランドや施工業者であるにもかかわらず検索のヒット一覧に潜り込んで表示されるところもあるのがネック。
狭いエリアで知られている中小零細企業などはあまり掲載されず、大小に関係なく全ての企業や工務店のデータを集めているとは限らないのが現実。

漏れなく住宅関連企業を家づくりのタッグパートナーに考えたい方は、他社運営の一括資料請求サイトのサブ的な役割として持ち家計画の特性を生かした個性が光る資料請求をぜひお試しください。
タウンライフ家づくり間取りサンプルの作成や費用見積もりの提案を依頼するサービスがあるためか、他社の一括資料請求サイトよりも登録社数の面では一歩及びません。
建築エリアごとの住宅メーカーのランキングなどのページも付いているため、こちらもライフルホームズ同様未だ住宅メーカーの判断がついていないなどでお困りの方に試してほしい資料請求サイトです。
一括見積りサービスでは家そのものの価格(坪当たりの単価)と同時に、色々な家の新築に必要となる諸費用まで含めた最終的な総費用までを確かめておくことが出来るのです。
家づくりを考える際、80%もの人が住宅メーカーのカタログを住宅会社の選定の判断に活かしたというデータが出ており、カタログを活用するステップがスタンダードと言ってもいいでしょう。

しかしながら、サイトから資料請求した人の中には、請求先会社の担当者から突然の電話や戸別訪問による希望しない直接営業をされたという口コミを書いている人もサイトユーザーの掲示板などで書いていることもあります。
さらに会社が変われば、費用などのプランを始めとして、注文住宅で実現出来る要求レベルや計画の進め方が異なりやすい業界事情を痛感させられます。
メーカー公式カタログには、費用なしで差し出すには内容が良すぎるとさえ言えるほど、家づくりに関するお得ワザや施工事例がふんだんに載せられています。
身近なエリアの工務店の情報も欲しい際には、一括資料請求に頼らず該当する会社のサイトなどから資料を請求するなどピンポイントで試すことが必須。
こういったケースの場合、資料請求サービスがあるサイトの提供機能では施工してもらえるエリアであるかどうか請求前に裏付けを取るのは出来ないので肝に銘じておくことが必要になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました