カタログなどごく簡単なものだけを送るところがある一方で…。

参考用の間取り図や概算の見積りをお願いするためには、かなり具体的な間取り・予算の要望事項を事前に教えることが肝心なのである程度は人事を尽くしておきましょう。
このようにうわべのインフォメーションだけに頼っても気付くことの出来ない本当の企業の姿を覗けるところも資料請求の動機の一つと言えます。
サイトの申し込み画面のその他参考事項の入力欄に「資料送付以外の直接のアプローチはお断りします。」と書いておけば、多くの企業は要望を汲んで資料だけを送ってくれるものです。
ワクワクを噛みしめながら目に留まった会社に資料請求に踏み切っても、期待に反するように融通の利かない担当者から「ご希望のエリアでは施工できません」と断られることも時々あります。
こんな方法でひとたび理想的な間取りプランを用意できれば、試したいメーカーの担当者に毎回間取りプランのあらましを話す面倒な手間を回避できます。

とりわけ印象がよかった住宅会社があったり、手応えを掴めそうなユーザーイベントや実際の様子を掴みたいサンプル物件、そのメーカーの建物が一堂に会する展示場があるという方にはぜひ使って欲しいコンテンツです。
資料を送ってもらうためにも申込者の名前や送り先住所の入力は当然ですが、営業用の電話番号や時には年収の記入を求められることもあり、空欄のままでは資料請求を申請出来ないシステムになっています。
展示場にせよ公式HPにせよ時間や手間がかかってくることに加え、まだ1社に決めるには早い検討段階にもかかわらず電話を通した営業や訪問などの踏み込んだ営業で押し込まれてしまうのはいただけません。
いくつかの資料請求のパターンとしては、各社の住宅展示場に直接行って担当者に申し出る他にもメーカーが開設しているホームページや、一括資料請求サービスサイトを使う方法などがあります。
各社の展示場へ行ってみた場合でも対応したスタッフが担当者でほぼ決まってしまうのが普通ですが、そうした場合も後からサポート窓口などに申し出れば担当者を別の人にしてもらうようなことも出来ます。

出来るだけたくさんの住宅関連企業を候補に含めたい方は、他のいろんな一括資料請求サイトと併用して持ち家計画ならではの深く狭い資料請求をお楽しみください。
カタログなどごく簡単なものだけを送るところがある一方で、間取りプランの案内資料や施工物件の紹介資料、家づくりのためになるマニュアル的なミニブックをサービスしてくれる丁寧な会社もよくあります。
住宅雑誌付属の申し込みハガキを使うのも良い方法です。住宅マガジンに用意されるハガキは、家づくりのプラスαでテーマを軸にひとまとめにカタログなどの資料を頼むことが出来るので便利です。
まず例外なくカタログをチェックすることなしに業者を決めてしまう人は存在しないでしょう。それほどカタログでの情報収集は家づくりには欠かせないエッセンスとして考慮されるものなのです。
頼んでみたい企業がサイト内に載っているなら、他にいくつかの候補と比較しながら3社前後アプローチすれば効率良く情報収集出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました