こちらも同じくサブ的な「タウンライフ家づくり」は…。

なお一括資料請求サービスサイトの広告掲載会社の中には、望むエリアで工事出来ないブランド会社や工務店なのにもかかわらず検索のヒットに弾かれずに表示されてくる業者もあります。
一括資料請求サイト経由で資料請求した際、各メーカーの営業担当者のセンスで資料が送付されるのですが、この時受け取れる資料の質やボリュームは担当者ごとに変わります。
ポストに届く資料で多い内容は、会社の姿勢や理念などが書かれた宣伝用カタログや要点だけをかいつまんだ家の特徴を分かりやすくする自社住宅のアピール用パンフレット、間取りの参考提案や施工物件の事例集の4つをよく見かけます。
マイホームを求める人は理想の間取りを頭の中に持っている人もいたりしますが、実行して本当に反映できる間取りなのか、予算オーバーしないかなど懸念も払拭できません。
理想の間取りや入居後のライフスタイルの要望伝達、土地の参考情報が多くなるのに従って、希望を外すことなく納得のいく間取りプランや費用見積もりのプランを要求出来るようになります。

インターネットだけでの情報収集もいいのですが、玉石混淆といえる情報量から、本当に正しい情報があやふや、というケースもかなり頻繁に見られます。
こちらも同じくサブ的な「タウンライフ家づくり」は、住宅設計の専門家に理想の間取り図のサンプルを丁寧に作成してサポートしてもらえるありがたいサービスがオンリーワン。
情報探しに資料請求サイトを利用する一番のメリットは、展示場などへわざわざ出向いた時のような各展示場の牙城を守るスタッフの営業攻勢の矢面に立たずにゆっくりと落ち着いて資料を眺められる点です。
オリジナル仕様の間取り提案とだいたいの費用プランを作るサービスがあるサイトはタウンライフだけだったりします。予算計画や間取りが頭から離れない家づくりのルーキーさんは目を輝かせながらデスクトップにリンクを貼ってみてください。
出来るだけたくさんのメーカーを候補に入れておきたい方は、大手の一括資料請求サイトのサブ的な役割として持ち家計画チックなレアな資料請求を目の当たりにしてください。

こんなケースでは、一括資料請求で売っているサイトの機能では施工に対応できるエリアなのかどうか早い段階で確かめる手段がないので心の準備が大切です。
郵送で提供される各資料の中でひときわ輝いてチェックしておきたいのが、過去の受注ケースでそのメーカーが関わった家を詳しく知ることが出来る施工物件を振り返る事例集です。
さらに加え、ハウスメーカーごとの費用を予想しやすくなる坪単価や実際の施工事例、間取りの参考例などがそれぞれ閲覧できるので、資料請求に踏み切る前にある程度の範囲内で予選通過させたいメーカーを厳選出来ます。
住宅会社は同じでも担当者が誰かによってサービスの質が大きく変わります。資料請求サイトは顔を合わせずに資料をゲット出来る代わりに、担当者を選べない点が玉に瑕ということになるのはやむを得ません。
一般論として間取りの考案や費用のすり合わせを申し出るタイミングの業者は、3社から4社程度を選考対象に検討するのが効率良しというアドバイスをよく聞きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました