単純にカタログだけをくれるところもあれば…。

複数社へ一気に資料請求出来るサイトは、日本全国のハウスメーカーから地元の施工業者までバラエティ豊かな住宅業界の会社の情報が蓄積されており、気になる会社の資料をゲット出来ちゃいます。
資料請求でなんとなくイメージが掴めたら相談を検討する業者を5社まで絞る必要が出てくるので、価格帯の良し悪しやデザインの特徴、顧客への対応姿勢といった消去法パターンで厳選しましょう。
単純にカタログだけをくれるところもあれば、間取りプランの案内資料や施工事例のサンプル、家づくりのためになる教科書のような小冊子もパッケージングしてくれる良心的なメーカーも結構あります。
インターネット経由で情報を探すのもいいのですが、膨大過ぎる情報のせいで、信用すべき情報がさっぱり、というケースが高頻度で見かけます。
間取りのサンプルや見積り表を依頼するには、ある程度詳細な間取りや出せる予算の計画を丁寧に伝える必要があるので念を入れて用意しておきましょう。

ハウスメーカーのカタログには、料金設定なしで差し出すには気前が良すぎると思いたくなるほど、家づくりを成功に導くお得ワザやモデルケースがこれでもかとばかりに載せられています。
サポート姿勢が丁寧なメーカーだと、温かみある手書きのサンクスレターを資料に添えてくれるケースもあるので、そんな出来事でもそのメーカーの担当者の対応姿勢などを推理出来ます。
各種PR用パンフレットや施工事例などの資料には物件の写真や販売企業の独自性が提示され、各会社のブランドの基本姿勢やおおまかな強みを把握可能になっています。
ポケットマネーの持ち出しなしでたくさんの業者の情報をまとめて得られる一括資料請求サイトは、避けるべき落とし穴を頭に叩き込んでおいた上で、合理的な使い方で手間暇に見合った家づくりのプランニングを実現させましょう。
資料請求申し込みの際、家づくりの心強い頼れるパートナーになってくれる担当スタッフを好みや印象で選ぶことは出来ないのが現実。実は資料請求のタイミングでその請求者の担当スタッフが社内で決められているのが一般的です。

自分なりに考えた条件をメチャ盛りで検索ボタンをポチッ!と押せば1社ごとにピンポイントな情報を絞り込むことも出来るのですが、便利なサイトがあるのですから全業者を対象にして資料請求の白羽の矢を立ててみましょう。
情報入力画面の特記欄に「電話・訪問などの直接的なアプローチは必要あるまで控えていただけますようお願いします。」と書いて不要の意思を示しておくと、親身に考えてくれる請求先企業の担当者は営業なしで資料だけをスマートに送ってくれます。
もう一つ、ハウスメーカーそれぞれの一坪あたりの価格を表す坪単価や、関わった家の施工事例、間取りプランなどが詳しく見られるので、資料請求の効率を上げるために一定範囲でピンときたメーカーを選りすぐることが出来ます。
よく聞くハウスメーカーの掲載事例もカバーされていますが、ユニークな特徴としては各地域の知名度の低い工務店にもスポットを当てている資料請求一括サイトとして認知されています。
さらにもう一点、サイトで依頼した間取りサンプルや想定見積りは内容の正確性は保証されないため、最後の仕上げに頼んだメーカーでヒアリングに答えながら理想に近い形に煮詰めていく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました