カタログの収集で心得るべき点は…。

ナイスな一括資料請求サイトが多い反面、評価サイトなどの利用者レビューで突然の電話やいきなりの自宅訪問を受けたという例が多く、本当に使っていいのか気がかりな人も少なくありません。
サイトの申し込み画面の備考などを記入する欄に「電話・訪問などの直接のアプローチはお断りします。」と書いて不要の意思を示しておくと、節操のあるメーカー資料請求担当者は資料だけを送るにとどめてくれるのです。
サポート姿勢が丁寧な会社では、手書きの真心こもったサンクスレターを資料に添えてくれる微笑ましいサービスもあるので、そういった出来事でもその企業のスタッフの人柄や対応姿勢を窺い知ることができます。
面白そうな会社がサイト掲載メーカーの中に載っていたら、他社の候補社も比較しながら3社ほど申し込みをかけるとスムーズになります。
ポストに届く資料のよくある構成は、会社の姿勢や理念などが書かれた会社紹介用のカタログや要点だけをかいつまんだ家のメリット・ベネフィットなどを訴求する自社ブランド住宅のPR用パンフレット、参考用の間取り図や施工実績紹介などの3~4つが多いようです。

ダイレクトセールスを望まない場合は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」と断りを入れて資料請求をすれば、ただ資料だけ申し込むよりは直接アプローチが来る可能性はごく稀に出来ます。
資料請求した時点で反応が鈍い、欲しい資料を出されない担当者がいるメーカーに最終的な家づくりの実行を任せようと考えるのは、賢い選択にはなり得ないのです。
カタログの収集で心得るべき点は、先入観を捨てて思いつく限り様々なルートを掴んでメーカーのカタログを呼び込む頭の柔らかさです。
WEB上でリサーチすることも不可能ではありませんが、膨大過ぎる情報のボリューム情報に、取捨選択の線引きがチンプンカンプン、といった悩みもあちこちで見かけます。
頼みたい家づくりメーカーの見分け方の見当がさっぱりな方、理想の家のタイプや想像図が曖昧にでもわかっている方にはフレンドリーなサイトです。

メーカーカタログには、料金設定なしで送るのは豪華すぎると言ってもいいほど、家づくりの成功につながるキーポイントやサンプルが目移りしそうなほど紹介されています。
補助的な立ち位置の「持ち家計画」は、大手有名サイトのライフルホームズやSUUMOには載せられていない住宅会社や地元エリアの工務店が少ないながらも詳しく掲載されているのが独自性のポイントです。
資料請求の手段としては、各社の展示場に出向いてスタッフから受け取るほかに各社が立ち上げている営業用の公式サイトや、資料請求を一括で出来るサイトを使ってみるといったアプローチがあります。
こんな方法でまず一度理想的な間取りプラン図面の形にしておけば、気に入ったメーカーそれぞれに毎回間取りの要望をゼロから教える煩わしさをなくすことが出来ます。
やむなく入力すると、各業者から売り込みの電話や直接訪問が来てしまうケースも。統計からすると、工務店以上に営業部署の比率が高いハウスメーカーの方がダイレクトセールス率が高いことが分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました