住宅雑誌に付いてくるカタログ請求用のハガキを送るのも効果的…。

ホームズ・スーモあたりと比較すると収録されている住宅企業のラインナップこそ後塵を拝していますが、そのふたつから漏れているメーカーや手広く展開していない確かな工務店などをケアしています。
お手本になるデザインのガイドラインや間取りのあれこれ、おすすめ設備などマイホームをより素敵にするヒントが満載といった内容からも、各社カタログを請求するコストパフォーマンスは無限大です。
電話や訪問での営業を避けたい場合は、「自宅への電話・訪問などは不要です」と断りを入れてから資料請求を申し込むと、何も書かないよりは直接アプローチされる迷惑率はごく低くなるのでやってみましょう。
ついでに、見積りしてもらえるサイトであっても必要な資料が漏れなくフルコンプリート出来るというのはまず無理です。ハウスメーカーによって資料の質や内容は変わります。
持ち家を検討する際に、8割の人が住宅メーカーのカタログを住宅メーカー選びの判断に役立てている統計結果があるほど、カタログを集める方法は浸透している形になっている現実があります。

しかし気になる点もあり、資料請求した人の大半は請求先の会社の営業担当者から家にかかってきた電話でのセールスや直接訪問による直接的なセールスを受けたという利用者レビューを評価掲示板やスレッドなどで愚痴っていたりするものです。
地域の工務店の情報も集めたい際には、一括資料請求から離れて該当する工務店の資料申し込みページから直接請求するなどダイレクトアプローチで試してみるのが解決策。
こうしたケースでは、資料請求出来るサイトの仕組みでは着工可能な対象エリアなのかどうか先取りしてチェックしておくのは不可能なので肝に銘じておくことが重要です。
地域レベルで営業している中小零細企業はほとんど登録はされず、大小に関係なく全ての住宅企業や施工業者の情報を一手に集めているとは限らないのが現実。
もう一つ覚えておきたいことは、サイト経由で依頼した仮の間取りプランや想定見積りが保証されるものではなく、その仕上げとして各業者で対面ヒアリングを受けながらより正確なものに作り上げる必要があります。

知名度の低いご当地エリアの住宅メーカーや建築会社でも、マリアージュの幸運に恵まれれば家族にとって思い通りの素敵な提案を心がけてくれる業者、ということもあります。
見積りサイトを利用して申し込みをかけた場合申し込んだ先のメーカーから連絡が入り、詳細なヒアリングを通して精度の高い見積りを作ってもらうステップに進みます。
郵送される資料でよく見るパターンは、会社の概要を記した企業紹介用カタログや簡略的な家のPRが書かれている家ブランド宣伝用のパンフレット、間取り参考用のサンプル図面や施工サンプル紹介などの4つが多く含まれます。
住宅雑誌に付いてくるカタログ請求用のハガキを送るのも効果的。住宅マガジンに用意されるハガキは、家づくりのプラスαでテーマをベースに各メーカーに対し一気に住宅カタログを依頼することが出来ます。
展示場も公式サイトも手間を要するだけに留まらず、おぼろげな検討の段階であることとは無関係に自宅への電話や住所訪問といった踏み込んだ営業に追い詰められてしまうところがマイナスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました