資料請求を一括で出来るサイトはチラ見しただけでは注意点も多いように感じる人を時々見ますが…。

とりわけ印象に残ったハウスメーカーがチラ見えしていたり、雰囲気を味わってみたい体験会や実物のイメージを見てみたい建物のモデルハウス、展示場がある場合には忘れずに押さえて欲しい縁の下の力持ちサイトです。
資料請求のよくあるパターンには、住宅展示場に出かけてスタッフから受け取るほかに各メーカーの営業用ホームページや、資料請求を一括で出来るサイトを上手く使うなど複数の手段があります。
前出の「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの提案や見積りの提示を依頼出来る代わりに、他のサイトと比べると収録ハウスメーカーの数で見れば不利になります。
家のポストに届けられる資料の主な内容は、会社全体のPRを目的とする企業紹介用カタログや要点だけをかいつまんだ家のメリットを訴求する自社ブランド住宅のPR用パンフレット、間取りのサンプル提案や施工サンプル紹介などの3~4つがまとめられているようです。
資料送付のために氏名を通知することや送り先の住所は必須事項ですが、連絡用として自宅・携帯の電話番号や時々年収などの記入を求められることもあり、入力されなければ資料請求が不可能なケースもあります

資料請求の際、プロの女房役である直属の担当者を名指しで選ぶことは認められていません。資料請求した時点で申込者の担当が決まるパターンが多いためです。
サイト頼みの資料請求と見積りサイトでは限界が来てしまうとは言え、検討を始めたばかりの頃では条件に合うハウスメーカーをピックアップ出来るいい方法たり得ると言えるものです。
一般論として間取りプランの策定や予算のすり合わせを持ち込むタイミングの業者は、おおよそ3社を最終候補に残して検討するとムダがないと勧められています。
見積りサイトのコンテンツで申し込みをかけると受け付けたメーカーの担当者から申込者に連絡があり、直接ヒアリングを受けながら実情に合った見積りを作ってもらう段取りになります。
資料請求を一括で出来るサイトはチラ見しただけでは注意点も多いように感じる人を時々見ますが、アイディアと工夫次第で思わず小躍りしてしまうほど効率がよくなる文明の利器。

資料請求したユーザーへの対応に不安がある、資料の内容が不十分な担当者がいるメーカーに大事な家づくりの一切合切を頼もうとするのは、他に余地がない選択ではありません。
大手サイトのホームズやスーモよりデータ登録されている住宅会社の数については並ぶまでに至りませんが、それら2サイトにはない隠れたハウスメーカーやローカルの施工会社を掲載しているのが特徴です。
送付される各種資料の中で群を抜いて参考にすべきなのは、現実にそのハウスメーカーが地図に残した家を見られる住宅ごとの施工事例集です。
しかし、そうウマい話ばかりとはいかず、資料請求サイトの利用者の多くは資料元の営業担当スタッフから電話セールスや登録住所の家を訪ねて来ての予想外なダイレクトセールスを受けたという体験を語る人も評価掲示板やスレッドなどで愚痴ることもあります。
いずれの方法も行動力の消費を余儀なくされる以外にも、なんとなくの検討段階なのにもかかわらず自宅や携帯などへの電話営業や個別訪問直接のアプローチをかけられてしまうリスクがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました