取っ掛かりの資料請求の時点で対応が気になる…。

資料請求の一般的な方法は、住宅展示場に乗り込んでスタッフに願い出る他にも各社が立ち上げている営業用ホームページや、資料請求が一括して行えるサイトを上手く使うといったアプローチがあります。
大手人気メーカーの情報も漏れなくありますが、独自のポイントとしては地域ごとの施工業者にまなざしを向けている補完的な一括資料請求サイトだったりします。
資料請求申し込みの際、家づくり計画の女房役になるそのメーカーの担当者を指名して選ぶことは出来ないのが普通です。資料請求した時点でその請求者の担当スタッフが社内で決められているパターンが多いためです。
さらに会社の個性によって、提案してくるプランを皮切りに、家づくりの契約の中で実現可能な要求レベルや計画の進行などが大きく変わる事実を思い知らされるでしょう。
間取りの参考図や概算見積りを求める際は、はっきりした間取り・予算の情報を詳細に伝えることが肝心なので見逃しのないように態勢を整えておきましょう。

しかし、WEB上で完結する一括資料請求はたった1回の入力操作で気になった住宅会社の情報を短い時間で手中に収めることが出来、しかも自宅のリビングで煩わされることなく検討作業を進めることが出来ます。
取っ掛かりの資料請求の時点で対応が気になる、欲しい資料を出されない不親切なメーカーに本番となる家づくりの全てを求めるのは、最良の判断ではありません。
SUUMO、ホームズに代表される資料請求を一括で出来るサイトは、種類豊富な関連業者のセールス資料を一気に請求可能なためIT文化の産物といった家づくりの最終兵器なのです。
各社の住宅展示場へ直接見学に行った時にも対応したスタッフが担当者でほぼ決められてしまう業務体制が一般的ですが、そういったケースでも後でサポートなどに申し出れば担当者を変えてもらうことも出来るものです。
しかし、そうウマい話ばかりとはいかず、資料請求サイトを使った人の多くは、その会社のセールススタッフから自宅への電話や自宅訪問などの希望しない直接営業をされたというユーザー評価もサイトユーザーのスレッドなどで書いていることもあります。

資料請求が可能なシステム以外の使い道は、登録メーカーや工務店などに相談を申し込むなども出来、メーカーで展示しているモデルハウスやモデルハウスが複数まとめられた展示場の見学申し込みの連絡が出来るシステムも用意されています。
面白そうな住宅メーカーが掲載メーカーの中にあった場合は、それ以外のメーカーの有望株と選択肢に入れて3社あたりにアプローチすれば検討しやすくなります。
家づくりを考える人の中には時々理想の間取りをイメージング出来ている人もいるにはいますが、現実問題建築可能な間取りなのか、予算オーバーにならないかなど懸念すべきポイントも多いものです。
役に立つ一括資料請求サイトがある一方、ネットで検索すると出てくる口コミで突然の電話やアポなし訪問を受けたというケースが多く、本当に安全なのか心中穏やかではない人も一定数いるようです。
あくまでもネット経由でのやりとりに過ぎない形ですから、担当者に面会しての打ち合わせで間取りや費用の参考提案を願い出るよりはリターンがやや劣るのは道理です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました