住宅情報誌に付属するカタログ請求用のハガキを使うのも有効です…。

独自の間取り図の提案とおおよその費用プランを作るサービスがあるサイトはタウンライフのみ。資金関係や間取りが頭から離れない…こんな方は目を輝かせながら突撃してみてください。
住宅情報誌に付属するカタログ請求用のハガキを使うのも有効です。専門誌の付属ハガキは、家づくりのプラスαでテーマを軸に各メーカーひとまとめに家づくりのカタログを送ってもらうことも出来るので便利です。
先に紹介したタウンライフ家づくり間取りサンプルの制作や見積りの作成を依頼出来る反面、他社の資料請求サイトと比べて掲載されているハウスメーカー数のボリュームは不利です。
ダイレクトに各社の展示場へ行っても最初に当たったタッフが担当者ということで自動的に決められてしまうシステムなのが普通ですが、そういった場合もそういった場合でも後から申し出れば担当者を別の人にしてもらうビフォーアフターも可能です。
メーカーのカタログには、完全無料で公開するのは話がウマすぎると言いたくなるほど、家づくりが快適になるコツや施工事例が多数取り上げられています。

今回はそうした人へのアドバイスとして、一括資料請求サービスや一括見積り可能なサイトのボトルネックや泣かないで済む利用方法をプレゼントしようと思います。
資料請求を申し込んだ時、家づくりを手伝ってくれる女房役である直属の担当者を自分の好みで選ぶことは出来ないシステムです。資料請求した時点で申込者の担当が既に決められているパターンが一般的です。
あらゆるルートから参考資料を集められれば、様々な立場と視点に支えられつつ家づくりの全てを知ることにつながるので、誤った方向に行く重大リスクが他人事のようになります。
一括見積りサイトのサービス経由で申し込みをかけた場合申し込みを確認したメーカーの担当者から電話などで連絡が来るので、詳しい要望を説明しながら自分に合った見積りを作ってもらう段取りになります。
SUUMO、ホームズに代表される一括で資料請求出来るサイトは、全国に多数存在する住宅関連企業の施主向けの情報を欲張り請求出来ちゃうので非常に便利なテクニックなのです。

参考用の間取り提案や費用見積もりの算定表を求めるためには、まとまった間取り・予算の計画を丁寧に教える必要があるためしっかりと人事を尽くしておきましょう。
確かな知識を持つプロに間取り図作成を頼むと動線を考慮したレイアウトやたっぷりの収納スペースなど、暮らしを良く知るプロの視点で住みよい間取りの提案を受けられ、さらに確かな希望通りの間取り図が姿を現します。
あくまでもネット経由だけで済ませるパターンですから、直接顔を合わせて打ち合わせをしながら間取りや見積もりのプランを頼むよりも正確性が劣ってしまうのは致し方ありません。
面白そうなブランドメーカーが掲載メーカーの中にあった場合は、他の複数の有力候補も合わせて検討しながら2~3件ほど申し込めばスムーズに情報収集出来ます。
資料請求サイトの中でも有名な「ライフルホームズ」は、予算や希望する間取り、居住性、得意とするデザインなどで気に入った相談先をスピーディーに検索出来るのが便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました