待ちに待った家づくりのプランニングが始まったら腹をくくって手に余りそうなくらいの住宅関連業者の情報をかき集めて家づくりの匠探しにミスしないように意識しましょう…。

高鳴る胸の鼓動を抑えて目に留まったメーカー資料請求を敢行しても、その後無残にも各社の営業担当社から「ご希望のエリアでは施工できません」などと夢を打ち砕かれる可能性がないわけではありません。
家づくりを始めようとしている人は独自考案の間取りを想像している人も見かけますが、本当に施工可能な間取りなのか、予算内で済むのかといった懸念も尽きることはありません。
請求者情報入力画面の特記欄に「電話・訪問によるダイレクトな営業行為は現時点では不要ですのでお控えください。」とはっきり書いて申し込むことで、お客様主義のメーカー資料請求担当者は営業せずに資料だけを遠慮がちに送ってくれます。
電話・訪問営業をされたくなければ、「電話や訪問による営業は不要です」と断りを入れて資料請求へ進むと、断りを入れない時よりも電話や訪問が来る危険度がかなり少なく抑えられます。
興味が湧いた住宅ブランドのメーカーが掲載メーカーの中に見つかった場合は、他のメーカーの有望候補と比較検討しながら3社ほどアプローチすれば判断しやすくなります。

一括資料請求サイトを使って資料請求した後は、ハウスメーカーごとの担当者から資料が自宅に届くのですが、この後手元に届く資料のパッケージ内容は同じとは限りません。
希望者に送付される資料のおおまかな内容は、会社の経営体制などが書かれた企業カタログやおおよその家の強みを打ち出す自社が有する住宅ブランドのパンフレット、間取りのサンプル提案や施工物件の事例集の4つが主に使われます。
資料請求を無事にクリアした後接触を試みる要チェキ業者を5社まで絞ることが必須になるので、料金設定や自分の好きなデザインか、接客姿勢といったユーザー目線の厳しい判断でじっくり判断していきましょう。
待ちに待った家づくりのプランニングが始まったら腹をくくって手に余りそうなくらいの住宅関連業者の情報をかき集めて家づくりの匠探しにミスしないように意識しましょう。
資料請求出来るサービス以外の特徴は、それぞれのメーカーや工事会社へ直接アプローチをかけるサービスも用意され、メーカーのモデルハウスやより大規模な展示場の見学希望の申し込みが出来る機能もあります。

情報が固まっていなくても間取りや見積もりの参考は申し込めますが、情報量を超えられない精度にしか出来ないので納得のいく間取りパターンや見積りの提示が返ってこない中途半端な結果に終わってしまいます。
ハガキを直接使ったりFAXからメーカーカタログを請求することは出来ますので、暇な時間でカタログを集めておいて情報収集しておけば、スムーズに有用な情報をコンプリート出来ます。
ルートを限定せずにカタログなどを集めることで、隙の少ない視野で家づくりのコツを掴む勉強になるため、不手際をやらかす確率を抑えることが出来ます。
なぜかというと条件が複雑多様な敷地の立地状況や建物の延べ床面積、付帯設備の種類や間取りの中身で坪単価が左右されるため、実際の費用についてはカタログでは分かりにくいのです。
特に印象が良かったハウスメーカーがチラ見えしていたり、体験してみたいユーザー参加型イベントや自分の目で確かめてみたい建物サンプル、そのメーカーを重点的にチェックしたい展示場がほぼ決まっている方には役立つベストコンテンツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました