ですが気になる点もあり…。

頼みたい会社の取捨選択がさっぱりな方、作りたい家やイメージの中の図面がなんとなくでもわかっている方には折り紙付きで紹介できるサイトです。
ですが気になる点もあり、資料請求サイトの利用者の多くは請求先会社の担当者からサイトに登録した番号への電話や直接訪問による営業をされたという体験談をネットの掲示板などでぶっちゃけることがあります。
WEB上で情報を探すことも出来るのですが、玉石混淆といえる情報を受け止めきれず、取捨選択の基準がさっぱり、などということも高い確率で起こり得るのです。
一括見積りサービスのサイトでは家のみにかかる費用(1坪いくらの単価)と同時に、その他諸々の払わされる諸費用込みの費用総額を見ておくことが可能になっています。
気に入った企業がサイト掲載メーカーの中にあった場合は、その他の会社の候補社も含めて検討しながら3社ほど依頼してみるとスムーズになります。

多くの一括資料請求サイトは、全国規模で展開しているよく知られている会社や大きめの施工業者が高確率で目玉になっているものです。
YahooやGoogleなどの情報検索は、一定以上に家づくりのポイントを仕入れてから使えば協力無比なツールなのですが、なんとなく調べるだけだと非建設的な労力と大切な時間を消化試合のように片づけているだけです。
情報がまとまっていなくても間取りや見積もりは要求出来ますが、参考材料のボリュームに見合った精度にしかならないので要望通りの間取り図や見積り提案が出されにくいという中途半端な結果に終わってしまいます。
資料請求のパターンとしては、住宅展示場に直行して担当者に申し出る他にも各社が立ち上げているセールスサイトや、まとめて資料請求出来ちゃうサイトを試してみるといったような方法があります。
ついでに言うと、一括見積り機能付きのサイトでもあらゆる資料が完全にコンプリート可能というのはまず無理です。ハウスメーカーによって対応可能な資料の種類は変わります。

資料請求する際の利点としては、資料の内容の如何や対応にかかる時間、丁寧さの度合いなど、家づくりに関わってくる営業担当者の人格もチェック出来る絶好の機会です。
見逃すことなくブランドを候補に入れておきたい方は、大手の有名な一括資料請求サイトの補助として持ち家計画チックな隙の少ない資料請求をお楽しみください。
しかしそうした期待の裏で、どこのメーカーのカタログも、はっきりとした建築費用や坪あたりの単価などといった点についてはほとんど説明がない事例も頻繁に見かけます。
一般的なノウハウとして間取りプランの作成や予算の相談を願い出る時、おおよそ3社を選考に入れて相談を考えるといいと書いてあるのをよく見ます。
展示場へ行くにしろ公式HPへ行くにしろ時間や手間がかかってくる上、選択肢を絞り込む段階であることとは無関係にダイレクトなテレフォンセールスや個別訪問直接的なアプローチでの営業で追い詰められてしまうのはいただけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました