それに加え各資料請求サイトの掲載業者の中には…。

一括資料請求サイトを使って資料請求をすると、各社の担当スタッフから自宅宛てに資料が郵送されますが、手元に届く資料の質やボリュームは担当者ごとに変わります。
全国CMや広告を打っていない小ぢんまりとしたハウスメーカーや建築屋でも、ひょっとすると自分や家族の想いに寄り添う仕事をカタチにしてくれるプロ意識の具現者、ということもあります。
前出のタウンライフ家づくり間取りサンプルの制作や見積り提示をウリにする反面、他の一括資料請求サイトと比べるとメーカー数の面ではやや劣ります。
このようなケースでは、資料請求サービスで売っているサイト内では着工体制が整っているエリアか否か先取りしてチェックすることは出来ないため覚悟しておくことが肝心。
想定コストの見積りも計算してもらえるので、だいたいのコストプランニングや色々な間取りプランを見てから丁寧に検討したい方、自分が持っている土地に新築でマイホームを作る計画を企てている方に着々と浸透しているサイトです。

サブ的な使い方が便利な「持ち家計画」は、大手有名サイトのライフルホームズやSUUMOなどに掲載がない住宅ブランドや地元の身近な工務店が狭く深く掲載されているのが独特です。
そして、ハウスメーカーごとの一坪あたりの価格を表す坪単価や、手掛けた家の施工事例、間取りの特徴などがそれぞれ閲覧できるので、資料請求に踏み切る前に一定の範囲内で条件に合致するメーカーをキープ出来ます。
それに加え各資料請求サイトの掲載業者の中には、利用者が望む地域で施工可能な組織力がない住宅会社や施工業者にもかかわらず検索結果の一覧に含められている会社もあります。
ホームズやスーモよりも取り扱う住宅メーカーのラインナップは後塵を拝していますが、それら2サイトが扱っていない住宅メーカーや地域に根差して営業している施行業者を草の根的に掲載しています。
地域レベルで細々と営業している中小の工務店などはほとんど掲載されておらず、大小全ての住宅会社や工務店情報を登録しているとは限りません。

よくあるおすすめとして間取りの配置や予算のすり合わせを打診する時、3社前後をお気に入りに入れて検討すべしという話をよく聞きます。
場数を踏んだプロに間取りプラン作成を頼むと動線を考慮したレイアウトやゆったり収納など、ライフスタイルを知り尽くしたプロ目線の優れた間取りの提案をプレゼンしてもらい、さらに洗練された正確で精密な間取り図が全貌を現すのです。
家づくり開始の段階で一括資料請求サイトを使わないのであれば、メーカーそれぞれのモデルハウス・モデルルームへ直接行くか、公式ホームページを閲覧して申し込みフォームから資料請求するかの二者択一になります。
資料請求した時に対応が引っかかる、必要な資料をくれない業者に丁寧さが求められる家づくりのあれこれを依頼するのは、賢い選択のはずがありません。
ところが、かなりの資料請求サイト利用者は資料元の担当者から自宅や携帯への電話や登録住所の家を訪ねて来ての予想外なダイレクトセールスを受けたという体験談もレビューサイトなどで愚痴っていたりするものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました