CMでおなじみの「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで…。

マイホームを持ちたい新築希望者の中には独自考案の間取りを妄想している人もいたりしますが、実際にやってみて実現できる間取りなのか、予算をオーバーしないかといった疑問点もつきものです。
住宅専門紙付属の資料申し込み用ハガキを送るのも効果的。住宅専門紙に用意されるハガキは、家づくりを決める上の様々なテーマごとに各社ひとまとめにカタログなど参考資料を送らせることも出来るようになっています。
名前を知られたハウスメーカーの情報も当然ありますが、比較的にエリアごとの知名度の低い工務店にも目配りしている一括資料請求サイトの穴場だったりします。
親切なハウスメーカーになると、肉筆で綺麗なレターをサービスしてくれる良心的なところもあるので、そうした姿勢でその企業の担当者の人間性などを推理出来ます。
ダイレクトセールスを回避したい場合は、「電話や訪問は希望しません」と断りを入れてから資料請求をかけると、割合に直接アプローチされる可能性はごく低くなるのでおすすめです。

CMでおなじみの「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで、おおよその価格ラインや間取りのサンプルパターン、住宅性能、デザインセンスなどでヒットに含めたいハウスメーカーを厳選して検索することが出来るのがスグレモノです。
このやり方でとりあえず希望する間取りプランを作ってもらえば、試したいメーカーそれぞれに毎回間取りプランのあらましを一から教える無意味な時間を抑えることが出来ます。
持ち家計画同様にサブ的な立ち位置の「タウンライフ家づくり」は、ハウスマイスターに理想の高品質な間取りプランをプレゼンして提案してもらえる秀逸なサービスが利点です。
さらに、一括見積り出来るサイトを使ったからといって必要な資料すべてがパーフェクトに収集可能ということではありません。メーカーごとに資料の質や内容は違ってくるためです。
間取り提案や概算の見積りをお願いする際は、かなり具体的な間取りや予算額の理想を事前に伝える必要があるのできちんと配慮しておきましょう。

一括資料請求の良し悪しは人それぞれの評価がされやすいとは言え、住宅会社のデータを入手することを考える上では重要でもあり効果的な方法です。
大手資料請求サイトの「ライフルホームズ」は、希望する予算や間取りのあれこれ、居住性、デザインのスタイルなどで家づくりを相談したい住宅ブランドメーカーを高い精度で検索出来るのが便利です。
こういった場合、資料請求メインのサイトの提供サービスでは着工体制が整っているエリアに含まれているかどうか先取りして当たりを付けることは出来ないため覚悟することも必要になります。
資料送付してもらうためにも請求者の氏名や請求者の住所は必要ですが、直接営業のための電話番号や年収額の記入が必要なこともあり、入力がないと資料請求させないのです。
資料請求のリターン最大化には出来るだけ間口を広げておくのが見逃しを防ぐポイントですが、やみくもに対象を足し算し過ぎると自分に合った業者をピンポイントで見抜くことがしにくくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました