ダイレクトな営業行為をしてほしくない人は…。

おおよそレベルの情報でも間取り・見積もりを出してくれますが、参考材料のボリュームに見合った精度でしか作れないので充分に満足出来る間取りのプランや費用プランが不可能という不完全燃焼な結果になります。
一部地域で営業している中小企業はそれほど掲載されず、事業規模にかかわらず全ての住宅メーカーや工務店リストを登録しているわけでもありません。
ホームズ・スーモより登録掲載されている住宅ブランドのラインナップは並ぶまでに至りませんが、そのふたつがカバーしていない隠れたハウスメーカーや手広く展開していない工務店などを掲載しているのが強みです。
サイトの申し込み画面のその他要望といった備考欄に「資料送付以外のダイレクトな営業行為はご遠慮ください。」と明記しておくと、多くの請求先企業の担当者は営業せずに資料のみをスマートに送ってくれます。
間取りのサンプルや費用見積りを要求するなら、わかりやすい間取りや想定予算の要望を事前に知らせることは欠かせないので念を入れて材料を揃えておきましょう。

多くの資料請求サイトは、全国規模で営業している誰でも知っている業者や同じく大手の工務店がほぼ例外なくウリになっているのが当たり前。
さらに出色のポイントは、各収録メーカーの坪あたりの単価や、手掛けた家の施工事例、サンプルの間取り図などがまとめて閲覧できるので、資料請求の効率化の手助けに特定の範囲内でお気に入りのメーカーを絞り込むことが出来ます。
サイトの一括見積りサービスは家のみの価格(坪当たりの単価)と同時に、様々な名目でマイホームに関わってくる諸費用まで含めた最終費用を確かめておくことが可能です。
ダイレクトな営業行為をしてほしくない人は、「電話・訪問はお断りします」と断りを入れてから防御を固めて資料請求すれば、比較的に電話や訪問をされる件数はごく低くなることを覚えておいてください。
展示場へ直接行っても対応した営業スタッフが担当者にほぼ決まるものですが、その場合でも後からサポート窓口などに申し出れば別の担当者に変えてもらう改善策が出来ます。

そこで今回は、資料請求または一括見積り可能なサイトのありがちなデメリットや後悔しない活かし方をドドーンと公開します。
カタログのみを選んで送る会社がある一方で、間取りに関する参考資料や施工事例のサンプル、家づくりのいろはを伝える教科書のようなミニブックをチョイスする良心的なメーカーもあったりします。
不退転の決意で入力すると、各メーカーからの直接電話や営業マンが自宅に来てしまうケースもあります。傾向で見ると、工務店以上に営業命のハウスメーカーの方がダイレクトセールスしてくる率が高くなっているのが目立ちます。
ついでに言うと、見積もりサービスがあるサイトを使ったからといって必要資料のすべてがバッチリフルコンプリート出来るというのはあり得ません。メーカーごとに資料の内容は違ってくるためです。
参考にしたいデザイン例や間取りの考え方、設備の特徴など家づくりをワンランクアップさせるアイデアの豪華セットな部分も、メーカーカタログの利点は大きいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました