リクルートが運営する「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで…。

なお資料請求サービスサイトの掲載業者の中には、ユーザーの希望エリアでは施工対象外となっているブランド会社や施工業者なのに検索のヒットリストに含められて表示されてしまうところもあります。
希望者に送付される資料の一般的な内容は、会社の概要が載っている宣伝用カタログやおおよその家の雰囲気を掴みやすい自社ブランド住宅のPR用パンフレット、間取りのサンプルや自社物件の施工事例といった3~4つが多いようです。
住宅情報誌に付属するカタログ請求用のハガキを使うのも有効です。住宅誌のハガキは、家づくりに関わるテーマを基に各メーカーひとまとめにカタログ資料を送付してもらうことも出来るようになっています。
WEBを利用してリサーチももちろん可能ですが、無限ともいえる情報量から、取捨選択の線引きが見えてこない、などということが高い頻度で発生してきました。
リクルートが運営する「スーモ」もライフルホームズと似たようなサイトで、費用や間取りのサンプルケース、物件の性能、デザインのタイプなどで対象企業を優先してハイライトで検索出来るところがポイントです。

丁重なハウスメーカーでは、心がこもった手書きのユーザーメッセージを資料に添えてくれるサービスもあるので、そうしたポイントでその担当者の人柄や対応姿勢を知ることが出来ます。
このやり方でとりあえず理想の間取りプランを作ってもらえば、選択肢に入れたいメーカーに1社ずつ希望する間取りの概要を教える煩わしい手間を防げます。
「SUUMO」や「持ち家計画」といった一括で資料請求出来るサイトは、多種多様な住宅メーカーから工務店に至るまでのアナウンス資料を一気に請求可能なためこれはもう欠かせない家づくりの最終兵器なのです。
しかしそれなりに、計画の始動直後に手軽にヒントを得られるワンステップとして認識するようなレベルで期待出来るので、あまり期待し過ぎないでプラン提案の申し込みするといいでしょう。
さらに、見積もりサービスがあるサイトを利用しても資料の一式が不満なくコンプリート出来るというのはさすがに夢を見過ぎです。メーカーごとに資料の内容は差があるからです。

相手の城に飛び込む形になる上記2つの方法は労力を要するだけに収まらず、検討段階であるにもかかわらずダイレクトなテレフォンセールスや住所訪問といった直接的なアプローチでの営業で追い詰められてしまうのがマイナスです。
お金を払って住宅情報誌を買い求めて足しにすることなどせずとも、メーカーのカタログには水回りやその他設備のアピールポイントが鮮明な写真と文章による詳しい解説付きで載せられます。
間取りのサンプルや見積り費用の提案を依頼するには、かなり具体的な間取りや可能予算の情報を詳細に伝えることが必要なのできちんと用意しておきましょう。
情報収集の初期は、各住宅メーカーや建築会社の宣伝資料などを自宅である程度集めておいてから展示場へ行けば、情報の下地があるぶんスムーズに話を素早く呑み込める利点があるのできっちり押さえておくべきです。
郵送で手に入る説明資料のうちキーアイテムと言えるほど参考にすべきなのは、現実にその会社で建売した家を確認出来る各物件の施工事例集です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました