カタログ収集の分水嶺は…。

一括資料請求可能なサイトから資料請求した際、各メーカーにいる営業担当者のやり方で自宅に資料が送られますが、この時受け取れる資料の中身の良し悪しは必ずしも同じではありません。
ムダに出来ない時間の中で合理的に夢の家づくりを成功させるためにも、無料で見られるメーカー提供カタログを手に入れることは、情報の氾濫が著しい現代では当然の手段なのは間違いありません。
ただのカタログをくれる会社がある一方で、間取りプランのプレゼン資料や施工事例に関する資料、家づくりのいろはが分かるハウツーっぽい冊子などもパッケージングしてくれる親切な会社も見かけます。
やむを得ず入力すると、そのメーカーのテレフォンコールや訪問営業が来てしまう例も。統計上、職人集団の工務店よりも営業力で名前を売るハウスメーカーの方が電話・訪問してくる率が高いのが目立ちます。
展示場にせよ公式HPにせよ時間も手間もかかるだけに留まらず、単なる検討段階にもかかわらず電話を通した営業や個別訪問アグレッシブな営業で押し込まれてしまうのがマイナスです。

マイホームを持ちたい人の中に時々欲しい間取りを頭の中に用意している人もいるにはいますが、実行に移して可能な間取りなのか、予算内に収まるのかなど懸念すべき点も尽きることはありません。
カスタマー対応が丁寧な企業だと、温かみある手書きのメッセージレターを資料に添えてくれるところもあるので、そうした部分でその担当者の人間性や対応姿勢などを窺い知ることができます。
カタログ収集の分水嶺は、ひとつ覚えに陥らずに多方面の手段を生かして家づくりに役立つカタログを手中に収める柔軟なスタンス。
見積もりサイトから申し込んだ場合作成を依頼したメーカーから直接電話などで連絡が入り、直接ヒアリングを受けながら正確に作ってもらうステップに進みます。
それに加え、ハウスメーカーそれぞれの予算とすり合わせやすくなる坪単価や過去に手掛けた施工事例、間取りの設計例などがまとめて閲覧できるので、資料請求の前に特定の範囲内で好みに合うメーカーを絞り込めます。

そうしたデメリットをわき目に、サイト経由の一括資料請求はわずか1回の入力作業で詳しく知りたいハウスメーカーの資料を必要最低限の内容で手中に収めることが出来、さらに自宅で悠々と検討作業に集中できます。
しかしそうした期待の裏で、どこのメーカーのカタログといえど、実際の総費用や坪あたりの単価といった部分についてはそれほど紹介されていない不明確な事例もよく見られます。
初めのうちは、建て売り業者や施工会社などの参考資料をインターネットで集めてから直接交渉出来る施設に行けば、予備情報を持ちながら相談を進められるようになるので押さえておきたいポイントです。
お得な一括資料請求サービスですが、ネットで検索すると出てくる評判で電話による営業やアポなし訪問を受けたという事例が多く、利用者に配慮されているのか懐疑的な人も目立っています。
理想の会社の条件を条件フォームに反映させて検索すれば1社ずつ詳細にリサーチすることも有効ではあるのですが、ここは一つすべての関連登録会社を全部まとめてドカンと資料請求しちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました